ブログトップ画像

カテゴリ



バックナンバー



野草酵素・公式ウェブサイト
からだの掃除屋さん・野草酵素
食物繊維がドッサリ!!・北の大地の青汁
60万部発行の会員誌・野草だよりバナー
こんにちは
あたたかい日が増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
昨日の東京は30℃近くまで気温が上がり、
暑〜い一日でした💦

休日は外に出て体を動かすことを心がけているのですが⚽、
4月でこんなに暑いなら、夏なんてもう耐えられない!!
と、心が折れてしまいそうでした…。

これからの季節、外出時に気をつけたいのが「熱中症」ですよね。
熱中症予防にはバランスの良い食事や寝苦しい夜でも睡眠の質をあげる工夫など、
さまざまな対策が挙げられますが、
最も大切なのはやはり、「こまめな水分補給」です。

私も昨日は大汗をかきながら走り回っていたのですが、
水分補給にと用意したのがこれ!
シャカシャカ青汁です!
作り方は簡単、クマザサ青汁をペットボトルに入れて、
シャカシャカするだけ!

簡単に美味しく水分補給ができて、
おかげで今日も元気です

みなさまもぜひ、この夏はシャカシャカ青汁
水分補給してみてくださいね🎵
2018年04月23日 11:41


こんにちは。

4月に入り、オフィスのある渋谷では強い南風の吹く日がちらほら。

おかげで、桜の花びらは一気に散ってしまい、今は葉桜に。

(八重桜など一部の桜は、かろうじてまだ咲いていますが…)

 

もちろん、花粉もまだまだ絶好調。

いまだに私の目や鼻をこれでもかというくらい刺激してくれています。

スギなんだかヒノキなんだか、もう分らなくなってしまいました。

 

実は、4月は年間を通して最も強い風が吹く季節なんだそうです。

*東京国際空港(羽田空港)と成田国際空港における月平均風速より

 

「春うらら」「春の陽気」といったイメージからは想像つかないですよね?

5月になれば徐々に穏やかな気候になるそうなので、花粉もひと段落するでしょう。

その日が待ち遠しい限りです。

 

 

さて、そんな🌀春の嵐🌀が吹き荒れる中、私どもの商品のご体感を伺いにお客さまの元を訪ねて来ました。

ひとしきり話が盛り上がった後、おもむろにそのお客さまが見せてくれたのは…。

なんと手づくりの化粧水!

ドクダミをアルコールに漬け込んで作ったものや、ユズの種を漬け込んだものなど。

DSC01918.JPG ユズ.jpg

 

実際、お客さまのお肌や手は透明感があり、とてもツルツルだったんです。

DSC01920.JPG

その場で私たち取材班も使わせてもらったところ、しっとりと気持ち良くてビックリ。

 

ドクダミは殺菌作用があり、肌荒れやニキビの予防・肌の水分バランスを整えると言われています。

 

現在販売中の化粧水「野草のしずく」にも、ドクダミを使っているんですよ。

野草の力って本当にスゴイ!

 

 

ちなみに、取材というと堅苦しく感じてしまうかもしれませんが、実際はもっと気楽な感じです。

商品を知ったきっかけや使用感だけでなく、ご家族のことやご趣味のこと、幼少期の思い出話や旅行先での出来事などなど…。

話が尽きず、予定時間を大幅にオーバーしてしまうなんてこともあるんです。

 

私どもは通信販売の会社なので、こうやって直接お会いできる機会はとても貴重ですし、大切にしています。

お客さまからいただくお声から、いろんなヒントがもらえるからです。

 

「これだけは伝えたい!」でも、「話し相手がほしい!」でも構いません。

「取材に来てほしい」という方は、ぜひともご連絡くださいね。

 

2018年04月09日 14:50


新年度がスタートしました
今日から新生活、という方も多いのではないでしょうか。

そんな中、野草酵素の編集部では新たな企画が進行中です!
ブログ用_マル秘2.jpg
ブログ用_マル秘.jpg
今回はあれに、あれを、あれしちゃう❗という、とってもおトクな企画です❗
※まだ何も言えなくて申し訳ありません(笑)

夏前にはみなさまにお知らせできる予定ですので、
ぜひ楽しみにお待ちくださいね♪
2018年04月02日 16:18


すっかりめいて、気持ちのいいお天気が続いていますね。
都内ではもう桜がひらひら……あっという間です
今日は帰りにちょっと足を延ばして、桜を見たいなぁと思っています。

さて、こちらも春!
野草だより 春号が完成しました!
表紙はコチラ
DSC02006.JPG
おいしそうに食べている王様、目を引きますね〜
特集はわたしたちの生活に欠かせない
油は健康を大きく左右する、とテレビや雑誌でもいま注目を浴びています。
でも「種類が多くて何を選んだらいいかわからない」
「栄養成分とか難しいことはちょっと…」 
と思っている方も多いのではないでしょうか。
すぐに実践できる情報満載なので、ぜひお読みください!

今号は個人的にとても思い入れの深い号になりました。
ここからはウラ話を少しだけ。
制作がスタートした2月中旬、日本海側は記録的な大寒波に見舞われていました
当初取材を予定していた地域も、普段は全く降らない雪に交通網が麻痺。
急遽代案を立てて進めようとした矢先、今度は子どもがインフルエンザに・・・
1週間も会社を休むことになってしまいました。

内心ほんっっとうに焦りましたが、チームのサポートのおかげでこうして無事に発行。
子育てをしながらの仕事は思い通りにならないこともあるのですが、
たくさんの人の支えとそのありがたみをしみじみと実感しました。

ちょっとしんみりしてしまいましたが・・・
野草だより 春号は4月から順次、みなさまのお手元にお届けさせていただきます。
どうぞお楽しみに
2018年03月29日 14:00


先日、スーパーで売られているジャガイモの袋に「追熟させた」との表記を発見!

 追熟じゃがいも.jpg

 

「追熟」とは、一般的に果物に使われる言葉ですよね。

収穫時にはまだ熟していない果物を、収穫後に完熟させること

でも、実はジャガイモやサツマイモにも追熟ってあるんです!

 

イモ類はでんぷん質が豊富。

収穫を遅らせたり、収穫後にある条件下で保存する(寝かせる)と、自身がもつ

アミラーゼという糖質を分解する酵素がこのでんぷんを麦芽糖に変えていきます。

これを「でんぷんの糖化」と言います。

 

この糖化によって、麦芽糖がどんどん増えて甘くおいしくなる、

これが追熟というわけです。

秋の味覚と言われるサツマイモも、実は収穫後に1〜2カ月ほど追熟した

冬の方が食べごろだったりするんですよ!

(あ、冬ももう終わりですね…)

 

ふかすより低温でじっくり焼いたサツマイモの方が甘くなるのも、同じ原理です。

いかに、酵素であるアミラーゼを働かせて麦芽糖を作らせるか

が甘さの鍵なのです。

 

 

さて、冒頭に登場したジャガイモですが、もちろんお買い上げ。

試しに、焼きイモならぬ焼きジャガイモにしてみたら…。

 焼きじゃが.jpg

男爵なのにメークインのようにしっとり!!

ジャガイモのやさしい甘さが口の中にふわ〜っと広がって、なんだか幸せな気分に♪

何もつけずにペロッとたいらげちゃいました。

4つほど…。1つが小さかったので!!)

 

酵素の働きをうまく活用すれば、毎日の食事がさらにおいしく楽しくなりますね。

みなさんも、「こんな酵素活用術があるよ!」というのがあれば

ぜひぜひ教えてください!

お待ちしています。

 

 

2018年03月23日 12:41