ブログトップ画像

カテゴリ



バックナンバー



野草酵素・公式ウェブサイト
からだの掃除屋さん・野草酵素
食物繊維がドッサリ!!・北の大地の青汁
60万部発行の会員誌・野草だよりバナー
11月中旬、社員研修のため新潟県妙高市に行って参りました!
目的は、『野草酵素』を製造しているミヤトウ野草研究所。

初日は天気にも恵まれ、妙高の山々の美しいこと
空は広く高く、空気もおいしい!
IMG_3734.JPG

おかげさまで、40万人以上もの方々に愛され続けている『野草酵素』
開発者である近藤会長の意思を受け継ぎ、今なお変わらない手作り製法に
今回初めて訪れたスタッフは感動しきり。

野草の選別や、煮だし、発酵中の樽の撹拌。
ビン詰めされてから箱に入れられるまでの一連の工程は手作業
じつにゆっくりと、丁寧に行われていました。
IMG_3898.JPGIMG_4250.JPGIMG_4328.JPGIMG_4030.jpg
せわしなく過ぎてしまう、東京での時間の感覚とはまるで別世界。
工場内はとても穏やかで、ここだけ時の流れが違うのでは?と錯覚してしまうほど。

菌との語らいに、あせりは禁物ということなのでしょう。

近藤会長が使われていた「会長室」を見せて頂くと、
生前着用されていた白衣や、愛用の顕微鏡などが展示されていました。
心地よい日差しが当たるこの部屋で、日夜研究に没頭されていたんですね。
IMG_3783.JPGIMG_3781.JPGIMG_3778.JPG

お伝えしたいことがあり過ぎて、とても1回では書ききれません。
少しずつ、こちらでご紹介していきたいと思います。

今回はこの辺で〜。
2018年11月27日 10:00


10月からお客さまにお届けしている「野草だより」秋号
今号は青森県今別町でモズク漁をする元気な漁師さんに密着しました!
毎日たくさんの感想をいただいています。
お便りの中に、こんなご質問がありましたのでご紹介します。

◆写真で紹介されていた、「若どりコンブの海苔の若生おにぎり」「あづべ汁」とはどんな料理ですか。

写真はこちらです↓
圧縮.jpg
写真中央:若生(わかおい)おにぎり
若生とは、薄く柔らかい1年昆布のこと。
炊き立てのご飯を若生昆布で包んだシンプルなおにぎりです。
口の中で昆布の自然の塩味と、海の香りが広がります。
漁師さんが沖に出るときや、山に仕事に入るときなどに作られてきたそう。

写真奥:あづべ汁
今別でとれた昆布とアジの焼き干しで出汁をとり、
竹の子(ネマガリタケ)、ごぼう、人参、大根、わらび、ふき…地元の山菜や野菜類がたっぷり入っています。
具沢山で、まるで食べるスープのよう。
名前の由来は、海の幸山の幸を「集め(あづべ)て」作ったから、だそうです。

日本各地には様々な郷土料理がありますね。
野草だよりでは、今後も全国のお元気さん、おいしい酵素ご飯や郷土料理もご紹介していきます。

次号、新春号は現在鋭意制作中。
年明けのお届けを楽しみにお待ちください!
2018年11月16日 13:40


11月に入り、徐々に日が短くなってきているのを感じます。
最近では、朝起きても夜明け前!
思わず二度寝したくなりますが…
なんとか気合を入れて、朝食の支度にとりかかる毎日です。

最近、我が家の朝食によく登場するのが「甘酒」
「飲む点滴」と言われるほど栄養満点で、江戸時代には夏の栄養ドリンクとして
飲まれていたのだとか。
甘酒売り.jpg
『守貞謾稿』巻6にある甘酒売りの図(国立国会図書館蔵本より)

作り方も、意外と簡単。
炊いたご飯に、麹を混ぜて10時間ほど発酵させるだけといたってシンプル。

炊飯器で発酵させる方法もありますが、私は保温性のある水筒に入れて
一晩発酵させています。
夜仕込んで、朝起きたら出来上がり。
これぞ究極の時短料理!?

冷凍保管で常備しているので、食べたい時は小皿にもって常温解凍するだけ。
そのままヨーグルト感覚で食べています。
DSC02173.JPG
とはいえ、朝食をつくる時間も食べる時間もとれない!!
なんてこともありますよね。

そんな方にぜひおススメなのが、からだのそうじ屋さん「野草酵素」に
発芽玄米とビタミンCをくわえた「朝飲む酵素」
朝に必要な3つの栄養素がたった1包でとれてしまうんです。
634A0588.jpg
忙しい毎日に、ご家族みんなで朝飲む習慣!
ぜひお試しください。
2018年11月08日 14:46


今日は さわやかな秋晴れ!!
こんなお天気だと、気分も明るくなります。

さて、昨日は 『野草だより』新春号の編集会議 がありました。
まだ実感はありませんが、もう今年も終わりに向かっているんですね…

会議ではまず、今号の振り返りからスタート。
お客様から寄せられている感想を読みながら、
「この写真うまく撮れたよね」 「このコーナーの文字量、すこし多かったんじゃない」
など意見を出し合い、次号の制作に生かしていきます。

そして本題へ。
各ページの担当者が企画書を持ち寄ります。
お客さまが知りたい情報は何か、編集部からお知らせしたいこと、商品の製造現場のこと…
会議は2時間の長丁場ですが、いつもあっという間に終わってしまいます。

くわしいことはお話しできませんが…
新春号の特集では 冬らしい”あの”食べもの が登場しますよ!
気になりますね〜
乞うご期待ください!!

E29885DSC02453-thumbnail2[1].jpg
2018年10月25日 11:35


朝晩冷え込む日が増えてまいりましたが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか

とはいえつい先日までは日中30℃近くまであった東京ですから、
あわててタンスから長袖をひっぱり出したところです。

しかしうっかり薄着で布団に潜り込んでしまった日には
起きたら喉がイガイガ…なんだか調子が良くないぞ…💦
と、なりかねませんよね。

そんな秋の夜におすすめなのが、
ショウガとはちみつを加えたホットミルク。
46e4f63b9520e62f31d15d8c281fbebb_s.jpg
温かい飲み物を飲むだけでもいいのですが、
からだをあたためてくれるショウガを加えればよりぽかぽか
2257ceb0587073dda7527b3e995c2404_s.jpg
これで朝までぐっすり、翌朝の調子もバッチリです💡

ついつい油断してしまいがちなこの季節だからこそ、
体を冷やさない工夫をしていきたいですね。
2018年10月15日 09:03