ブログトップ画像

カテゴリ



バックナンバー



野草酵素・公式ウェブサイト
からだの掃除屋さん・野草酵素
食物繊維がドッサリ!!・北の大地の青汁
60万部発行の会員誌・野草だよりバナー
昨晩、2歳になる娘の食欲がいつにもまして旺盛でした。
用意した食事では飽き足らず、次々と食べ物を要求し
母である私の倍近い量をたいらげるという…。

さすがにおなかは、はちきれんばかりにパンパン
「苦しくないの?おなか痛くないの?」と聞いても
「大丈夫」とすまし顔。
こどもの食欲って、不思議なことだらけです。

これだけ食べたのだから、きっと朝食はあまり食べないはず。
案の定、今朝はごはんもおかずもみそ汁も、半分以上残して進まずじまい。

こんなこともあろうかと、本日母が用意しておいたのは…。

『北の大地の青汁』を使った、どら焼き!!
どら焼き.JPG

○ある程度、おなかにたまるもの(エネルギー補給)
○食物繊維もとらせたい
○野菜も食べさせたい
○食べやすく甘みはつけてあげよう
○酵素が補給できるもの

これらを総合的に考えて、思いついた一品なんです。

甘みづけには発酵食品である甘酒やみりんなどを使い、
小豆も、茹でて皮ごと使用
野菜のかわりにクマザサの栄養がとれ、
生のイチゴを添えることで、酵素だけでなくビタミンも補給できちゃいます。
どら焼きに、ひと工夫くわえるだけで立派な酵素ごはん

最初は乗り気じゃなかったようですが、一口食べさせてあげたら
「おいしい!」とパクパク。
大好きなイチゴも一緒に食べられて、大満足の様子。

これで、午前中おなかが減るということはないでしょう。(という予想)
⇒母はこれで自己満足!?

レシピは下記に載せておきますので、
興味のある方はぜひご覧くださいませ!

【材料】
*小ぶりのどら焼き4〜5個分
(生地)
≪A≫
米粉  90g
ベーキングパウダー 2g

≪B≫
卵 2個
牛乳 10g
甜菜糖 大さじ1
はちみつ 大さじ1
みりん 大さじ1
米油 大さじ1

(あん)
茹で小豆 適量
お好みでイチゴなど
*今回は、小豆を皮ごと茹でたものを使用。甘酒と甜菜糖で甘みづけしましたが、
 缶詰を使えばより簡単に作れます。
(その場合、生地に甘酒を入れれば酵素ごはんになりますよ!)

【作り方】
1.Bの材料をよく混ぜ合わせたら、Aをくわえて滑らかになるまで混ぜる。
2.テフロン加工のフライパンを弱火で熱しながら、スプーンで生地を流し込む。
 (くるくる円を描くようにすると、きれいな丸になる)
3.表面がフツフツしてきたら、裏返して両面焼く。
4.焼きあがったら、あんとイチゴをはさんで完成。
2019年03月15日 09:56


さて、2月も残すところあと2日となりました。
まだまだ朝晩の冷え込みは厳しく、春が待ち遠しいですね。
   
今日は日頃商品をご愛用のみなさまに、
創刊のお知らせです❗
その名も『野草酵素新聞』
新聞_告知.jpg
特集記事をはじめ、健康生活に役立つコラムやレシピ、
ワンちゃん🐶ネコちゃん🐱ご紹介のコーナーまで⁉
とにかく盛りだくさんの内容となっております👀
   
3月より商品と一緒にお届けしますので、
ぜひご覧ください❗
2019年02月27日 10:19


立春が過ぎ、寒さが和らいできましたね。
ちらほらと梅の花も咲き始め
春の足音が近づいてきています。

そう、もうすぐ春〜♪なんです。
でも喜んでばかりはいられません。
本格的な春を前に、毎年必ずやってくるものがありますよね。
アレですよ、アレ。

花粉」です!!
気取ってる場合じゃないんです。(→わかる人にはわかる??)

いよいよ、花粉シーズンの到来
全国的には、昨年並みかそれ以下の飛散量との予測ですが、
例年と比べるとやや多い傾向のようです。
tenki-pollen-expectation-image-20190214-03.jpg
tenki-pollen-expectation-image-20190214-02.jpg
tenki.jpより

要するに、今年も「花粉注意!」ってことですね。

私も、先週からどうも鼻がムズムズ…。
いや〜な予感がしておりましたが、今週に入り確信に変わりました。
「花粉、飛んでます」

ひどくなる前に対策しなくては!
ということで、さっそく飲み始めたのがコチラ
634A8774.JPG

厳選された8種類の乳酸菌を共生培養。
単一で培養された“温室育ちのエリート菌”にはない、
生きぬく力強さをもった乳酸菌たちで作られています。

『野草酵素』や『北の大地の青汁』と一緒に飲んでいる方からも、
「これまでにはない実感があった」と大好評。

花粉にお悩みの皆さま、ぜひ試されてみてはいかがでしょう?
2019年02月21日 13:17


こんにちは!
今日は北海道で記録的な寒さ⛄が観測されたそうですが、
みなさま、ご体調など崩されてないでしょうか?

本社のある東京・渋谷は、
暖かい日と空気のひんやりとした寒い日が日替わりでやってくる状態。
電車に乗っても咳をする人も多く、気をつけていても体調管理が難しい毎日です…。
そんな中先日
新商品『北の大地の行者にんにく』の、
商品撮影をして参りました📷
IMG_5793.jpgIMG_5796.jpg
新商品の撮影は、毎回緊張感いっぱいです。
撮影には半日がけ、
カメラマンと相談しながら様々なカットを撮っていくんです。

では早速、撮りたてほやほやの、
まだどこにも出ていない『北の大地の行者にんにく』の写真を
ご覧ください!
行者にんにく.jpg
5O8A9591.jpg
どうですか?
余談ですが、うしろの観葉植物も本物を使用しています。
撮影で使用した植物は、その後毎回社員が大切に育てているんですよ。

さて『北の大地の行者にんにく』ですが、
なんと発売から約1ヵ月で、もうすでに15,000袋を突破しました✨※1月末時点
お飲みいただいたお客様からの嬉しいお声も、続々と届いております!

今週末も全国的に冷え込むそうです。
しっかり「冷え対策」をして、元気に乗り切りたいですね🎵
2019年02月08日 11:31


少し前ですが、こんなニュースを見つけました。(日経Gooday)

「週に5回以上入浴する人は心血管の状態が良好」

最新の研究で
週に5回以上湯船につかる習慣がある人は、
 4回以下の人に比べて心臓や血管の状態が良好である」

ことが分かったそうです。

湯船につかる入浴は、温熱効果に加えてシャワーやサウナにはない
「水圧による利益ももたらす可能性」

があるとのこと。

水圧による健康効果は、以前発行した「野草だより125号」の特集でも
紹介したことがありますね。


↓以下、抜粋
「海女さんの血管年齢が11歳も若いのは、水に潜ったときの水圧によりANP(血圧改善ホルモン)が分泌されるからです。ANPが腎臓にはたらきかけると塩分を尿とともに排出し、さらにはストレスホルモンの分泌も抑えてくれるのです」

難しいことはさておき…。
入浴習慣が健康のためになることは間違いありません。

まだまだ厳しい寒さが続きます。
この週末は、おうちのおふろで
ゆったり温泉気分を味わってみてはいかがでしょう?
疲れもとれて、元気になること間違いなし!?

↓おすすめはコチラ!
5O8A8581.jpg
2019年02月01日 13:20