ブログトップ画像

カテゴリ



バックナンバー



野草酵素・公式ウェブサイト
からだの掃除屋さん・野草酵素
食物繊維がドッサリ!!・北の大地の青汁
60万部発行の会員誌・野草だよりバナー
10月からお客さまにお届けしている「野草だより」秋号
今号は青森県今別町でモズク漁をする元気な漁師さんに密着しました!
毎日たくさんの感想をいただいています。
お便りの中に、こんなご質問がありましたのでご紹介します。

◆写真で紹介されていた、「若どりコンブの海苔の若生おにぎり」「あづべ汁」とはどんな料理ですか。

写真はこちらです↓
圧縮.jpg
写真中央:若生(わかおい)おにぎり
若生とは、薄く柔らかい1年昆布のこと。
炊き立てのご飯を若生昆布で包んだシンプルなおにぎりです。
口の中で昆布の自然の塩味と、海の香りが広がります。
漁師さんが沖に出るときや、山に仕事に入るときなどに作られてきたそう。

写真奥:あづべ汁
今別でとれた昆布とアジの焼き干しで出汁をとり、
竹の子(ネマガリタケ)、ごぼう、人参、大根、わらび、ふき…地元の山菜や野菜類がたっぷり入っています。
具沢山で、まるで食べるスープのよう。
名前の由来は、海の幸山の幸を「集め(あづべ)て」作ったから、だそうです。

日本各地には様々な郷土料理がありますね。
野草だよりでは、今後も全国のお元気さん、おいしい酵素ご飯や郷土料理もご紹介していきます。

次号、新春号は現在鋭意制作中。
年明けのお届けを楽しみにお待ちください!
2018年11月16日 13:40


今日は さわやかな秋晴れ!!
こんなお天気だと、気分も明るくなります。

さて、昨日は 『野草だより』新春号の編集会議 がありました。
まだ実感はありませんが、もう今年も終わりに向かっているんですね…

会議ではまず、今号の振り返りからスタート。
お客様から寄せられている感想を読みながら、
「この写真うまく撮れたよね」 「このコーナーの文字量、すこし多かったんじゃない」
など意見を出し合い、次号の制作に生かしていきます。

そして本題へ。
各ページの担当者が企画書を持ち寄ります。
お客さまが知りたい情報は何か、編集部からお知らせしたいこと、商品の製造現場のこと…
会議は2時間の長丁場ですが、いつもあっという間に終わってしまいます。

くわしいことはお話しできませんが…
新春号の特集では 冬らしい”あの”食べもの が登場しますよ!
気になりますね〜
乞うご期待ください!!

E29885DSC02453-thumbnail2[1].jpg
2018年10月25日 11:35


朝晩冷え込む日が増えてまいりましたが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか

とはいえつい先日までは日中30℃近くまであった東京ですから、
あわててタンスから長袖をひっぱり出したところです。

しかしうっかり薄着で布団に潜り込んでしまった日には
起きたら喉がイガイガ…なんだか調子が良くないぞ…💦
と、なりかねませんよね。

そんな秋の夜におすすめなのが、
ショウガとはちみつを加えたホットミルク。
46e4f63b9520e62f31d15d8c281fbebb_s.jpg
温かい飲み物を飲むだけでもいいのですが、
からだをあたためてくれるショウガを加えればよりぽかぽか
2257ceb0587073dda7527b3e995c2404_s.jpg
これで朝までぐっすり、翌朝の調子もバッチリです💡

ついつい油断してしまいがちなこの季節だからこそ、
体を冷やさない工夫をしていきたいですね。
2018年10月15日 09:03


日本列島を縦断した、台風24号
この度の台風により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

現在も、まだ北海道の襟裳岬あたりを通過中との事。
お近くにお住まいの皆さまにおかれましては、くれぐれもお気をつけください


昨日の東京の日中は、まさに「嵐の前の静けさ」
ときおり日差しが出るほど穏やかな天気でした。

ところが一転! 22時頃から急に雨風が強くなり、
みるみるうちに激しい豪風雨に
おそらくピークとなった深夜2時ごろまで
風の吹きつける激しい音とともに、家がしなるようにガタガタと揺れ、
怖くてほとんど眠れずじまい。

ここまでの台風を経験したのは初めて。
自然の怖さもさることながら、何気ない平穏な日々が
どれだけありがたいことなのかを切に感じた一晩でした。

台風25号も発生しており、まだまだ油断できません。

備えあれば憂いなし
転ばぬ先の杖
念には念を入れよ
後悔先に立たず

故事やことわざには、はるか昔より先人たちが経験してきた
ありがたい知恵がつまっています。

食料・水・電池・懐中電灯・ガスコンロ・ボンベなどなど…。
改めて防災グッズを見直し、まさかの事態に備えたいと思います。
2018年10月01日 10:18


秋といえば、毎年「食欲」に走ってしまう私ですが…
今年は読書の秋 にしたいなぁと本屋さんへ。
次号の『野草だより』の参考にと情報収集をしつつ、気になる本を何冊か手にとりました。

さっそく読みはじめたのが、 『100歳の秘訣』 という本。
フォトジャーナリストや精神科医、和菓子屋さんの看板娘など10人の「現役100歳」の方々が登場し、
元気の秘訣や仕事のこと、考え方や食生活などを語っています。

その中に、児童文学者の森比左志さんがいました。
有名な はらぺこあおむし の絵本を翻訳された方です。
きれいでリズミカルな言葉が心地よく、いま娘が毎日読んでいるお気に入りの本。
お名前は知っていたのですが、恥ずかしながら 101歳で現役!だとは存じ上げず…
わくわくしながら読んでいます。

そしてこの本を手にした時、以前取材した100歳のお客さま を思い出しました。
あの時の、なんとも言えないやわらかな空気。いまもよく覚えています。
何でも自分でやる、お散歩も歩いて行く、ストレスなんて感じたことがない
お話しを聞く度にそのお元気さに驚いてばかりでしたが、
「食べることが1番の幸せ。今日のお昼は大好きなカレーライスなのよ」
と笑った顔がとても印象的でした

自分はどんな風に歳を重ねていくのだろう…なんて、ちょっとしんみりしてしまったので、
八百屋さんですすめられたを食べ、やっぱり「食欲の秋」と並走しています。
2018年09月19日 13:40