ブログトップ画像

カテゴリ



バックナンバー



野草酵素・公式ウェブサイト
からだの掃除屋さん・野草酵素
食物繊維がドッサリ!!・北の大地の青汁
60万部発行の会員誌・野草だよりバナー

今年の冬は寒暖差が激しいですね

すっかり春の陽気が訪れている地域もあるのではないでしょうか。

気温差の影響で体調を崩されている方も多いのでは?

「なんだか疲れがとれない」

「1日中だるい」

じつは、私もなんとなく体調が優れない日々を過ごしています・・・。


そこで私の地元北海道から、あるの食べものを送ってもらいました。

行者にんにくのしょうゆ漬けです

IMG_0158.jpg

ホカホカごはんにのせて食べると抜群においしいんです。

ほんの少し食べるだけで朝の目覚めがシャキッ!

疲れもふっ飛び、日中元気に過せます。

手足の先までぽかぽかなので、冷え込む夜でもぐっすり休めます💤

思い返すと、父は二日酔いで弱っている朝に必ず食べていたなーと思い出します。


 行者にんにく:ユリ科 ネギ属

北海道、アイヌの人々には古くから万能薬として用いられてきた野草。

独特のニオイ成分アリシンは、血行を促進し新陳代謝を活発にしてくれる。

疲労回復滋養強壮さらには体の内側からぽかぽかにする効果も!


最近知ったのですが、それぞれの家庭によって漬け方が異なるよう👀💡

醤油ではなくめんつゆを使う家。

生のまま漬けることもあれば、軽く茹でてから漬けることも。

ちなみに、我が家は生のまま醤油に漬けていました。

そうするとピリッとした辛みが強めに残るんですよ。

その分、ニオイがとっても強烈・・・。


春先の短い期間にしか採れない、北国の神秘の野草。

その野草成分を手軽にとりたい方はコチラがおすすめ↙↙

『北の大地の行者にんにく』

1日たった2粒飲むだけ。
行者にんにく独特のニオイも気にならない!
毎日手軽につづけられますね。

新型コロナウィルス(COVID-19)やインフルエンザなどの感染が話題になっています。
手洗いやマスクなどの対策ももちろんですが、
ウィルスと戦える健康なからだを維持することが一番大切ですね!
2020年02月25日 15:36


昨年末からインフルエンザや新型ウイルスに関する話がちらほらと…😞💦
しっかりと体調管理をしなくては!とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そんなときは「免疫細胞の7割」が集まるという、
の免疫機能を活発にする食事を心がけることも大切。
冬場は特にこんな食材がおすすめ!
スライド1.JPGスライド3.JPGスライド2.JPG

また、これらには免疫バランスをととのえてくれるありがた〜いある栄養素
共通して多く含まれているのですが、みなさまご存じでしょうか。


それはビタミンD
少し前にはなりますが、気になるこんな記事を目にしました。(参照:ウェザーニュース

「ビタミンDを摂っていたグループは、摂っていないグループに比べて、
インフルエンザや気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症の発症が2割少なかった。」

「また不足状態にあるグループのうち、摂取していたひとは
インフルエンザの発症数が7割も少なく、摂取による予防効果も確かめられた。」

とのこと👀!
そんな頼もしいビタミンDは紫外線を浴びる」ことでも補えるのですが、
冬場は紫外線量が減ることや、1年を通して日焼け対策をするようになったことで、
今の季節はとくに不足しがちなのだとか。


脂に溶けやすいビタミンですので、炒め調理や調味油を用いることで効率よく摂取できるのですが、
その半面、体内で蓄積しやすく逆効果となってしまうこともあるため、
元気に過ごすために!と思っても摂り過ぎにはご注意を。

どの食材も比較的お安く手に入りやすい食材ではあるので、
ごはんに生卵とシラス+ごま油を足したり、お味噌汁に乾燥シイタケを使ったりなど、
手軽なところから私も心がけられたらな〜と思います!
2020年02月04日 16:23


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。